2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ギャラルホンは】内閣府失われた10年を検証【鳴った】

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/03(日) 00:46:11
大マスコミに無視され続けたテキスト派がついに勝利の時を迎えるのか?
構造改革最後の宣伝キャンペーンか?
10年戦争からハルマゲドンへ!!


「失われた10年」徹底検証=バブル発生・崩壊で研究会−内閣府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060829-00000183-jij-pol
内閣府は来年度、バブル経済の発生・崩壊からデフレ克服までの経済情勢と
その間の経済政策の効果を検証する。バブル崩壊後、景気低迷で苦しんだ
1990年代の「失われた10年」を中心に分析、今後の経済政策の教訓とする
のが狙いだ。こうした長期間の経済動向を検証するのは初めて。
2007年度予算の概算要求で新規事業として1億1300万円を盛り込む。


2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/03(日) 11:37:59
トリューニヒトっつーのは、今の日本でいうと誰?

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/03(日) 13:10:08
政府として公式見解を出すというなら予算1億とかじゃ安くね?
学者連中の地位が結果によって上下したりするんじゃないの?

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/03(日) 17:47:58
興味深いのでage

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/05(火) 22:20:53
答えは最初から用意されてるような気がする

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/05(火) 22:22:34
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)