2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本は勝ち組を甘やかすので一流になれない

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:24:48
「一頭のライオンに率いられた百頭の羊の群れは、
  一頭の羊に率いられた百頭のライオンの群れに勝る ナポレオン」

しかるに日本では負け組を縛り付けることのみに腐心して、上にたつものは
鼻毛を抜いている。これでは10年以上も効率効率と言い続けて未だに
低成長にとどまっているいるのも無理はない。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:27:13
 世田谷区ではあちこちから悲鳴が聞こえてきます。東京都区部でも唯一自然の豊かだっ
た世田谷区。しかし、土地の値段が上昇したことによって、大地主達は相続税が支払えず
に売るしかなくなってしまいました。
 切り売りされた土地は都市化の波に揉まれます。庭のないミニ戸開発、マンション開発、
最悪なのはワンルームマンションです。屋敷林に住んでいた小動物の姿もどんどん消えて
いきました。相続税という存在は、不動産会社の自然破壊乱開発を生み出す土壌になって
います。相続税の影響で、喧騒な街となってしまった麻布みたいにしたいのでしょうか?
 古代の律令制のもとに行われた、公地公民によって6歳より口分田を与えられ、死亡し
たら土地を返納する班田収授法がありました。つまり、実質的に相続税100%というこ
とです。しかし、人々はいずれ返納する土地を、真面目に開墾などしませんでした。その
ため、723年の三世一身法で3代に限って開墾地の私有を認めましたが、それでも土地
の開墾が進みませんでした。結局、743年の墾田永年私財法という実質相続税ゼロの社
会を作り、公地公民制を崩すことによって、結果、大幅に生産力が伸びていきました。
 相続税というのは、人々の欲が築くパワーを殺す制度にすぎないことがよくわかるはず
です。平等という理想を追いかけていくことにより、人々の欲を殺し、人間が本来持って
るはずの能力を打ち消す悪法にすぎません。
 日本もかつては大資産家が沢山おりましたが、相続税の影響もあって都内に500坪以
上の土地を持つ資産家はごくわずかになっています。山手線の内側にどれほどの屋敷が残
っているでしょうか?
 最近格差が広がったなどと言う方が増えましたが、50年前と比べれば大幅に格差は縮
まっております。そして、その間に起きたことは、官僚の権力が強くなっていったという
事実です。今や彼らは天下りし放題です。
 民間の人に財力という力が無くなったら官僚支配が強くなるということを見事に証明し
ました。更に相続税を強化しようなどというのは、官僚支配を強める結果になるでしょう。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:28:10
相続税はずっと存在したアメリカでは昔から貧困層がいる一方、相続税のない
スイスやオーストラリアの白人に貧困層は少ない。
(オーストラリアの移民はまた別。生活基盤がないから貧しいだけのこと)
カナダは相続税がないが相続税のあるアメリカより貧困層は少ないし、格差も小さい。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:39:55
>>2
500坪もいらないだろ。
200坪で十分。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:41:01
どこにも自分の家が500つぼなどかいてないんだがなwww
びン房人は自分基準に考えすぎだw

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:42:44
>>4
つ嫉妬

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:47:11
国際競争力をつける意味でも勝ち組を甘やかすな!
これを家庭に置き換えれば理解できるだろう。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:47:31
いわゆるマンションなどを建てるってことか?
それなら不動産屋がやっても同じことだろ。


9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 12:49:06
国際競争力をつける意味でも負け組を甘やかすな!
これを家庭に置き換えれば理解できるだろう。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 15:38:17
玉砕玉砕と連呼するだけの上層部、欲しがりません勝つまでは。

もの作り立国のスローガンもゼロ戦無敵を信じつづけて七面鳥狩りの
国辱をうけた60年前にそっくり。
貴い犠牲と引き換えに国民は何も学べませんでした。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 17:46:57
つか上層部が戦ってるふりしてその相手とべったりで
国富の大部分が破壊尽くされるまで見捨てられるってことも
同じですねw

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 18:59:35
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。


13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 19:18:39
改革信者は太平洋戦争に負けたのは、国民の努力が足りず竹やりでB29を
落せなかったからだと思っているな。
死ぬのは勝手だが、こっちまで巻き添えにして欲しくないもんだ。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 19:35:26
全然甘やかしてないだろ。
経済実態にそぐわない恣意的法人課税、累進課税、官僚天下り先確保が目的の法規制などでめった打ち。

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 20:02:17
日本の税や保険料の仕組みは非合理的だよね
数十年先を見れば問題があると誰もがわかってるのに
弱者が既得権益を手放さないから
仕方なく取りやすいところに負担してもらってる

庶民の妬みの声の代表である週刊ポスト今週号は
パートに厚生年金導入で負担増という記事が出てる
年金制度全体で見れば整合性の取れた将来を見据えた案なのに
目先の損得に踊らされて負担増反対ってアホかと

こうやっていつまで経っても公正公平に近づくことなく
特例を認めて仕組みを歪ませる

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/20(月) 20:21:22
公正公平なんて観念的になるのもいいですが、
有能な人間には権限を与える代わりにハードに働いてもらわねば
全体が負けるのですよ。無能な者をいくら鞭打ってもたかが知れている。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)