2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆日銀のゼロ金利政策解除についてパート5◆

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 14:03:26
日本銀行
http://www.boj.or.jp/

前スレ
◆日銀のゼロ金利政策解除についてパート4◆
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1151887560/

1 http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1139223377/
2 http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1141991035/
3 http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1156666975/

NIKKEI NET:特集 政府・日銀の金融政策
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt37/

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 14:28:28
今会議か?やっとるの?

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 14:43:09
報道では「見送り」が圧倒的多数。にも関わらず主要メディアでは朝日だけが
「利上げ」と打ったという謎。

追加利上げ、日銀最終判断へ 17・18日に決定会合 2007年01月17日06時05分
ttp://www.asahi.com/business/update/0117/043.html

ちなみに最新の報道(TBS)では見送りとなっている模様。

日銀、利上げ見送る方向で調整へ (17日11:00) TBS
ttp://news.tbs.co.jp/top_news/top_news3471826.html

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 15:00:45
ところでここ数日の各媒体の記事を見ていると、どうも書いている記者本人はさすがに「こう
いう時期に利上げを簡単にしてはいけない」こと自体は分かっているみたいだな。
そうなると普段の社説などとの整合性はどうなっているのかとなるな。

もっとも政権も「潜在成長率を高めなければならない」「改革なくして成長はない」「景気は拡大している」
と言いつつ、一方では景気が悪化すると参院選が心配だ→利上げは止めさせよう、
まだまだ家計への波及が弱いと、二枚舌を平気を使っている。
いい加減に「改革はインフレ要因の除外や長期のサプライサイド改善には役立つが、短期の”いまそ
こにあるデフレ危機”には役立たない」と認めたらどうなのか。幸い(?)、郵政選挙のお陰で与党内の財出・補
助金バラ撒きのドケインジアンもほぼ粛清されたので、財政規律の維持も容易になっているし
行革・規制緩和・市場開放に対する”抵抗勢力”も少なくとも与党内からは消えただろう。
新聞コラムニストなど懐柔すればどうせすぐに「改革よりもまずは金融緩和だ」などと言い出す
節操のない連中に決まっているし、やはり彼らの無知を利用してデマンドサイド放置の清算主義を進めようとした
(している)と言われても仕方がないだろうな。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 15:29:30
別の話題で記者がわかっていてもデスクがわかってないとダメだって話を前聞いたことがある。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 15:47:12
>>1
乙です

>>4
このところ、新聞の金利の上げ下げに対する論調もだいぶ変わってきたね。
日銀はゼロインフレ主義者が多い、まぁ日銀のその考え方はとても理解できる。
ゼロインフレ主義の根流にあるのは企業主体主義より庶民主体経済主義だとは思う。
ただ、どこの主要国を見てもゼロインフレを目標に経済政策を取ってるところはないのではないのかな。
だいたい、1%〜2%前後の弱いインフレを目標や目安としているところが多い。
これは、物価に伴うブレのリスク(つまり物価のブレによって一時的にデフレに陥りそれがスパイラル現象となるリスク)、を回避する為と、
弱いインフレ期待の形成はむしろ経済成長という意味で効果が認められるからではないかと思う。
インフレ目標主義者のように恣意的に数%のインフレを起こすとか、そういう目的効果ではなく、
あくまでデフレリスクを避ける為のインフレリスクを抑える方法として弱いインフレを目標目安にしているのだと思う。

日銀の消費が弱く経済環境も外需依存の高い極めて脆弱な状況の中で
「これから起こるインフレリスクを先取り的に摘み取るのだ!」とばかりに
勇猛果敢に利上げを急ぐ姿勢は、
結果的には、
>デマンドサイド放置の清算主義を進めようとした (している)
と言われても仕方がないだろうな と自分も思う。


7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 16:12:40
>>6
>インフレ目標主義者のように恣意的に数%のインフレを起こすとか、そういう目的効果ではなく、

ちょー笑う。インフレ目標って、インフレを起こすとかどうとかじゃなくて
恣意的に、コミットして、数%のインフレにするんだよ。主義もクソもない。
イングランド銀行の子供相談室に電話して聞いてみろ。
せっかく長文書いても頭が悪いことを一生懸命宣伝してるだけだぜ。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 16:28:30
金利をいっきに5%ぐらいに上げたらどうなるの?
なんか試したくなってきた。
やったら(国民の皆さんは)怒る?

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 16:30:53
>>5
デスクなんぞ上の論説委員や部長クラスの意向を先回りして体現しているだけ。
経済政策に関せば、論説委員も自分が親しくしている役人や学者の言いなりに書いているだけ。
とくにブロック紙・地方紙の社説は共同配信の論説資料の丸写しなので、いかに共同
の論説委員がそうした官僚や学者に毒されているかということになる。
社説のパターンがデマンドサイド無視の改革優先主義or紋切り型の反グローバリズム・反ネオリベ
しかないのは、論説委員がそういう連中としか付き合ってないからだよ。
なぜ日銀が時事の日銀番だった藤原作弥を副総裁にしたのか、ということだわな。

>>6
現場の記者も与党内リフレ派と付き合う中で徐々に「これはヤバい」と気付いた・・・というか
今回は中川秀にゴマをすっておこうという意図だと予想。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 16:36:37
>>4
社説とかは別に経済政策の技術論で書くわけじゃないからなぁ
現実的妥当性とは無縁のこうあってほしいという理想をくっちゃべるばかりで

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 17:26:37
で、きょとんとした顔で「やっぱ上げます」とおなじみのニコニコ、

福井「まさにフォワードルッキングに行うわけです、はい、なんら予断は持ってません、はい。」
(俺の円ロングどないしてくれまんねん。次の利上げもはよさせてくれへんと困るでホンマ)

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 18:01:53
>>8
怒らない。
国民の大多数は中川の不当な弾圧に苦しむ日銀に同情的。
サヨク寄りの人たちと伝統保守の一部は格差社会を生む経済成長神話に懐疑的。
いわゆるネオリベ構造改革派は非効率部門を延命させる低金利には否定的。
一部のキチガイ以外は誰もリフレなんて望んでいない。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 18:21:49
なんか難しいこと言ってるが、オブチがつくった大借金返さないと、利上なんてできないぞ。国債利払いのために税金上がるのはゴメンだ。
アメリカみたいに大借金あっても海外から金が流れ込む立派な国なら話は別だが‥

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 18:30:43
>>13
えーと、この手の認識でもリフレ派は歓迎するのか?w

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 18:50:25
>>14
すでに、「賛成するならサルでも良い」って感じだな。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 19:05:42
>>14->>15
マッチポンプ乙

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 19:11:56
微↑の金利UPなんだから敏速に利上げしろや?日本の状況わかるけど
先延ばしの政策自体、前に進まんよ・・・円キャリー最弱伝説。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 19:36:42
>>12
えーと、この程度の認識でもアンチリフレ厨は歓迎するのか?w

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 19:51:56
>>12
ばーーか? 金利引き上げは、格差社会を加速化するんだけどな、
そもそも、デフレも格差拡大の原因のひとつだし。
金利が上がると誰が喜ぶかを考えればおのずとわかる。
もしわからなければ、馬鹿ってことだ。
日銀福井のように、金融資産をしこたま貯めこんで、なお、これからも
景気の如何にかかわらず、円を稼ぐ奴は、円預金の金利が上がって笑いが止まらだろう。
円預金を貯めこんでいる、一部の金持ちや大企業にとって金利上げはプラス。
借入金の多い中小企業などは負担増になる。
大手マスコミは、高所得者ばかりだから、おのずと金利上げを好むってのもあるだろう。
ということで、
金利上げは、格差社会をさらに助長する。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 21:22:39
円安が進むと加速度的にインフレになる。
景気減速を恐れず金利を引き上げるべきだ、少々景気減速してもアジアは好景気なので深刻な事態にはならない。

円売りが投機対象になって300兆ドル(3京6000兆円)の投機資金が売り向かってきたら、
ドル円は135円を超え、超インフレ高金利で経済破綻、財政も破綻、IMFの管理下にはいるだろう。


21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 21:41:35
>>20
1998年に$147円まで、超低金利のまま円安が進んでも
インフレになるどころかデフレになったが、それがなにか?
2002年にも135円まで円安になったが、デフレのまんま。
そんなに簡単にインフレになるなら、むしろ
円安にどんどんするべきだな。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 21:46:30

金利上昇

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 21:46:34
投機で日本から 資本が流出してっから デフレなんだろ
つまり円安でデフレ

24 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2007/01/17(水) 22:19:58
>>12
こいつは、暴徒にぶったたかれるだろうねw

>>8
一挙に、大デフレのスタグフレーションが、今以上に拡大することは間違いない。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 22:47:37
>>8
庶民は怒らないどころか喜ぶだろ。町工場の経営者とかは別だよ。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 22:49:46
ゼロ金利や0.25%は憲法違反だろ?
公序良俗に反する。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 23:09:13
景気いいんだろ!自民党さん。あっ!またやっちゃった?数字操作!

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:35:53
日銀利上げ作戦失敗

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:44:53
なにが中央銀行の独立性だ。



30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:52:16
》19バカはおまえ
金利が7%あったバブルの頃、みんな給料あがって格差なんか問題にならなかった。格差はグローバリゼーションなど他の要因が多い。

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:54:48
政治屋がテレビを使って何かやってるな。

世界でも例がない独立性を失った中央銀行(笑)

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:54:58
歴代の馬鹿総裁の失政に一切責任を取らない日銀


独立性など百害あって一利なし

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:55:20
>>30
グローバリゼーションで格差が来る、はサヨクの電波。

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 00:56:29
>>32
バブル潰しも大衆とマスメディアが望んだものだし、日銀は失政とは思っ
ていない。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 01:06:14
これで政府は、利上して景気落ちても日銀のせいに出来る。

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 01:14:16
明日、東京三菱か三井住友を空売りしようと思うんだが、どう?

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 01:43:36
>>35
それ、逆に言えばデマンドサイド放置・改革優先政策のミスを認めたも同然ってことだけど・・・。

今後はますます「日銀には金融緩和させて、世間(マスメディア)にはとにかく
改革を優先させるしかないと言い張り続ける」という一人二役を演じ続けなければならなくなった。
確かに世間には改革優先の方がウケがいいからな。
「デフレにはデフレ要因の除去、インフレにはインフレ要因の除去」という当たり前の
政策が日本で行えるようになるにはまだまだ時間が掛かりそうだ。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 01:54:24
>>30
だからバブルになったら金利は上げていいんだってばw

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 02:15:35
しかし、なんで朝日だけ利上げおいでませっぽい記事なん?w
弱者の味方の新聞じゃないんかい。
まぁ自分の所得や安定した雇用から来る実感で
自然に利上げ容認っぽくなるんだろうけど。
さすが赤い貴族様。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 06:03:51
>>39
朝日は日銀番のデスクや部長が読み違えたのだろう。読売も見送り観測。

日銀、追加利上げ見送りへ…消費・物価さらに見極め 2007年1月18日3時5分 読売新聞
ttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070118i301.htm

>まぁ自分の所得や安定した雇用から来る実感

朝日もまだ高給を維持しているが、実売部数も広告収入も減っている。景気の低迷もあり、
ニュースを知るだけならネットと地上波で充分でもあり、単身世帯と貧困世帯から徐々に日刊紙の部数は崩れている。スタンド
直売のタブロイド紙はもっと露骨に売れなくなっていますからね。
日本の新聞は「保護政策(再販制・特殊指定)」「ヤクザ紛いの拡販」「押し紙(積み紙)」の
三点セットで実力以上の部数に拡大してきた歪な業界だったが、拡販激戦の都市部を中心に恐ろしく新聞商法に対する風
当たりが強くなっている。名門地方紙・ブロック紙も保守的な読者層に支えられ部数は守っているが広告が全然入らなくなっていますよ。
それでまだ高給を払っているのだから会社の態はもう為していない。加盟社・契約社に言い値でニュースを買わせている共同だけがガッポリ。

実売部数のレベルにリストラして「紙」とネットの二本立てでどれだけ生き残れるかでしょうかね。
赤い貴族といえば岩波書店も資産切り売りで既に会社としては終わっているらしいな。岩波ブランドと保護政策があるにも関わ
らずそこまで落ち込むのだから、いかにここ十数年のデフレ不況がひどかったかということか。
他の有名出版社なども土地や関連事業でガッポリ溜め込んで高給を維持してはいるが・・・。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 06:06:02
結局、利上げはやらないんでしょ?やるやる詐欺よろしく、銀行に自然に金利を上げさせる
音頭だったような感じだ。銀行に聞いてみると、「すでに金利上げの潮流になってます」だって。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 09:43:37
景気よいよい詐欺
金利あげあげ詐欺


43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 11:17:09
中国で土地転がして、たら腹儲けた外資が、
今度は東京都心の土地を狙ってるらしいよ。一極集中バブルの始まりか?
軽井沢・伊豆の別荘地辺りも吊り上げてくれんかな。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 13:47:03
夏の参議院選挙のために金利据え置きとは・・・

世界から見れば独立性がゼロと見られても仕方がないな。
日銀の存在が不要。

政府と自民・公明に中央銀行の権限を渡せばいい。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 13:50:46
>>44
ハゲドウ。デフレ推進バカ日銀に独立性は不要。
過去の責任を取らせて総裁以下全員公職追放にしよう。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:01:29
選挙のためて・・・
どんなトンデモ本読んだらそういう発想になるんだろう

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:08:05
どうせ民主党か社民党の支持者だろう。
N速あたりの「何でも反対」の表現はそれほど間違っていないのではないかと思えてきたw

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:23:27
本能的なものかな。

これ以上、麻薬・覚醒剤を打ち続けると、とんでもないことになる。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:23:51
小泉内閣以降、それまでの自民支持者層がより一般大衆に移って
安部はそいつらの支持を取り付けたいからじゃん?
一般大衆はほとんどが貧乏人なんだし。

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:28:06
>>46-47 >>49
>>44氏の意図は不明だが、日銀への利上げ見送り要求は明らかに選挙対策。金融で景気
を支えさせて、選挙では「改革のお陰で景気が良くなった」と言い張って勝つ。
世間ではいまだに”改革”の方が受けるのも事実なので、こういうややこしい戦術が必要とされた。

反構造改革・格差是正と称する連中も内実は低成長の保護主義・共同体主義を望んでいるのが現実である以上、
残念ながら全く期待できない。旧保守的なバラ撒きもしないとあれば(経済学的にもすべきではないとすれば)、
セカンドベストとして自民党の戦略は支持せざるを得ない。

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:36:52
>>50
選挙対策なのは明白じゃん。
株価落ちたらやだしって。去年の二の舞は御免って。


52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:38:19
景気良くなるのが嫌なのか。
「野党=半日」というN速の評判は(ry

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:42:46
あと2、3回ぐらい据え置かせたら原油高によるCPIカサ上げ効果も剥げ落ちるな。政府はもう少しの辛抱だ。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:50:32
で?
低金利でマネーは国民の隅々に行きわたるんですか?

それともまたヤクザ高利貸や匿名投資ファンドなどに流れるんでしょうか?

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:53:38
で?
高金利でマネーは国民の隅々に行きわたるんですか?

それともまたヤクザ高利貸や匿名投資ファンドなどに流れるんでしょうか?

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:54:42
内閣府も自民党も日銀も、もう全部一緒かよw

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 14:57:22
>>56
一人だけキ印が混じってる。一緒にしたらかわいそう。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:07:51
よほどの金持ちが金利上げろっていうのは理解できるが、
ろくに預金すらない貧乏人が、たとえば円預金100,000円くらいで
年0.25%金利があがると、年250円アップとか皮算用していたら
馬鹿丸出し。 そんでもって、金利上げたら、年収200万円から、首になって
所得0になったとさ。よかったね、預金金利が250円もついてね。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:14:26
>>51

選挙対策っていうけど、多くの国民は金利引き上げを望んでるんじゃ
なかったのか?
じゃあ、金利上げるのやめたら、逆効果じゃん?
金利上げると、景気が悪化して選挙で不利だっていうなら、
やっぱ、金利上げるほど景気が過熱していないってことで、
金利上げるのは間違いじゃん。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:25:28
>>59
言わずもがなだが選挙民の多くは金融緩和と景気の関係についてよく分かっていない。
だが自分たちが利上げを望んでも実際に景気が悪化すると怒る。
今回、政府は日銀に迎合するべきか、見送りさせるべきか、本当に難しい選択
を迫られたと思う。アホみたいな究極の選択だが。

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:30:36
円暴落が始まった・・・

ふざけるな。
専門家の半数以上が「1月に利上げ」というから外貨に替えるのを見送っていたのに。

謝罪しる!賠償しる!

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:32:28
>>59
去年の量的金融緩和解除とゼロ金利解除が7-9月のマイナス成長・株価下落に結びついたんだろ?
今度もまたへたに金利あげて株価落ちて景気が悪くなったらまずいっしょ。
景気上昇を前提に政策たててんのにさ。

そら国民は預けた金に利子が付けばうれしいが、景気悪くなってまた失業率が上がったら
身も蓋もないじゃん。

ただ今の金利が異常なんで日銀が正常に戻していきたいだけ。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:37:21
>>62
>ただ今の金利が異常なんで日銀が正常に戻していきたいだけ。

その「正常」とは誰が決めるのか? 現在の景況ではゼロ金利近傍の方が「正常」ではないのか?

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 15:40:43
デフレが異常なんだよな。どの馬鹿も勘違いしてるが。

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:06:10
デフレは経済を破壊するのよ

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:11:43
日銀の為替政策を座視していたら日本は吹っ飛ぶよw
相変わらず福井は泥棒ぬこに見えて仕方がない。

中川さん、とっとと福井クビにしておくれ。
野放しにしておくと、なに仕出かすかわからないから。


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:28:32
利上げ見送りは、正常な判断だよ

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:47:25
積極財政型予算にしなくてよかったな
やってから必ずインフレ懸念とかで、金利上げてたぞwww

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:49:32
つまり積極財政にしていたらとっくにインフレ転換していたとwwwww

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 16:54:08
政治家が日銀に金利の決定について圧力をかけるのは良くないと思う
政治家の大暴走 日本衰退確実
まさに大日本帝国陸軍が政治に干渉して暴走し日本が大東亜戦争に突入した時のようだ


71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:00:41
独立性もなにも、やっぱ(株)日銀だな

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:03:45
日銀の株式には決議権ないから。

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:11:26
何だよ。日本は不景気だったのかよ?

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:13:53
独立性を謳うなら
自分達の仕事の重要性をちゃんと理解してからにしろと。
変動相場制下では中銀こそが経済に最大の影響力を持つって事
日銀の中の人達わかってないぞアレ。

「僕たちは悪くありましぇーん、日本経済独特の問題なんでしゅー」
って今でも心の中じゃそう考えてるよ連中。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:14:08
1月利上げを織り込んで正月に円が上がった。
利上げ見送りとなった時点で暴落し、上がった分を取り戻す。
これ、当たり前。

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:17:19
日銀は先週政府に利上げ見送りを伝えていた。
これってもう完全なインサイダーじゃん?

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:39:37
そもそも円高政策が失敗の元だな


78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 17:49:12
こちらのサイトで「世紀の相場師 ジェシーリバモア」「相場は生きている(上・下巻)」
の復刊運動を行っております。
該当著書にご興味をお持ちの方は、ぜひとも御投票ください。
                ↓
             復刊ドットコム


世紀の相場師ジェシー・リバモア
ベテラン度: ★★☆
リチャード・スミッテン, 藤本直
角川書店 四六判 419頁 2001年6月発売
2,310円 (税込)
こころを殺して相場に挑んだ男
1929年世界大恐慌を予測し、暴落のさなかに一人勝ちをおさめた伝説の相場師。その華麗なる生涯と、類い希な相場眼と強靱な精神力が生んだ「投資の鉄則」は、世紀を超えてウォール街に息づいている。天国と地獄を見た男の生涯を劇的に描く!
株式売買のタイミングを計るピボタル・ポイント理論、資金管理の法則、相場の心理学などをまとめた【リバモア 投資の鉄則】付。


相場は生きている (上・下巻) 情報のご提供はこちら
著者名 岩本 巌
出版社 日本繊維新聞社

戦後の相場書の十指に入ると云われるモノで、
相場の心理、技術など、今日においても座右の書として多くの商品先物業界人、投資家が活用している。

−投機というものは、人間が生きているかぎり、避けることのできない
景気の変動について、消極的にはそれからこうむる損失を保険し、積極的にはそれを利用して儲けようとする行為であるが、賭け事は、われわれの生活とは関係のない対象物で人為的な機構によつて利益を得ようとする行為である−


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 18:36:08
>変動相場制下では中銀こそが経済に最大の影響力を持つって事

これがわかっていないやつ多すぎるぞ(マスコミは99%わかっていない)

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 18:59:15
>>70
>>1.政治家が日銀に金利の決定について圧力をかけるのは良くないと思う
政治家の大暴走 日本衰退確実

>>2.まさに大日本帝国陸軍が政治に干渉して暴走し日本が大東亜戦争に突入した時のようだ

前半と後半ってどうつながるんや? 頭おかしいの?
政治家は、国民に選ばれてるんだから、影響力を行使してしかるべきだが
それがなにか?
帝国陸軍=日銀 ならわかるけどな。




81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 19:04:12
日銀 福井は自分だけ儲かってればオケーなんだよ

82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 20:09:03
>>79
重要度は司法に匹敵するよな。

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 20:56:33
日銀と政府を一緒くたにして語るまえに
どれでもいいから金融政策の解説本を2,3冊読めよ
このスレがいかに的外れなこと言ってるか分かるからw

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:12:50
>>もっとも福井総裁自身は、06年10月に展望リポートを示した後の会見で
「原油価格の下落でCPIが低下しても、経済に前向きに働くならポジティ
ブに判断する」と述べており、企業のコスト軽減や消費者の支出にとっても
プラス材料と判断していることを明らかにしており、他の審議委員からも同
様の意見が聞かれる。
 需給ギャップがプラスである以上、基本的にCPIがプラス幅を徐々に拡
大していくというシナリオは崩れない、という面にウエートを置く考え方も
ある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070118-00000303-reu-bus_all


こりゃあ、ひど過ぎ、福井が如何に最低の総裁かよくわかる。
それならなぜ、上昇局面で
「原油価格の上昇でCPIが上昇しても、経済に後ろ向きに働くならネガ
ティブに判断する」にならんのか?
量的緩和解除やゼロ金利解除のときは、原油価格上昇の影響を含む
CPI(エネルギー含めた)上昇を元に、決行したくせに、
原油価格下落のときは、プラスの効果だと。
じゃあ、原油価格上昇のときは、見かけのCPIの上昇に、原油価格上昇の
マイナス効果を加味して判断すべきじゃなかったのか?
エネルギー、生鮮を除く、CPIは、一貫してマイナスが続いていることを
無視、GDPデフレーターマイナスも無視、デフレギャップに下方修正された
ことも無視かよ?

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:35:56
キチガイっぷりにさらに拍車がかかってきたな……

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:43:22
>>84
PPI→CPIの流れを見て上げ局面って判断なんだろう。
いつも通り数字しか見てないんだろうけど。

それよりも「賃金動向が上向くことでCPIがプラス幅を拡大する見通し」
って部分が気になる。
賃下げで業績回復してる企業が多い中、賃金はそう簡単に上がらない。
経団連もベアなんて時代遅れつって真っ向から否定してるし。

有効求人倍率が地域間で4倍程開いているが
下の地域は公共事業の嵩上げ分が吹っ飛んで倍率下がってるのに
日銀支社の判断は「いずれ地方にも波及してくるだろう」って感じで
まったく脳天気。過去の景気循環と同じように考えてもらっちゃ困る。


87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:19:51
>>86
賃金とCPIは表裏の関係だから、
賃金が上がらない→CPIも上がらない というのも正しいが、
日銀が、デフレターゲット政策をとっていて
CPIがプラスにならない→賃金も上がらない という方がより正しい。
なぜなら、もし日銀の金融政策と無関係に賃金上昇率が決定される
と仮定すると、賃金上昇率は金融政策でコントロール不能→金融政策は
賃金上昇率によって決まるCPIをコントロールできない ということになって、
金融政策は物価をコントロールできないという結論になる。
だから、金融政策が物価コントロールできるという仮定では、
賃金が上がらないのも日銀が原因ということになる。
実際、デフレギャップが本当になくなり、CPIがインフレ領域になれば、
賃金は経団連がなんといおうと上昇するだろう。
ただ、あくまでも平均賃金であった、格差はでるから、まったく上がらない
人や、上がらない地域というのもありうる

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:23:39
>>86-87
>賃下げで業績回復してる企業が多い中、賃金はそう簡単に上がらない。

金融緩和には否定的なのに、企業に「上げろ」と説教するマスコミってどうにかならんのか?
安倍ちゃんも分かったような分からないような要求を財界にやっているし。
そりゃ、マスコミ各社は火の車でも資産を切り売りして社員に高給を払い続けているけどねw

>下の地域は公共事業の嵩上げ分が吹っ飛んで倍率下がってる

結局、財出はもうやらない中での「地方分権」「三位一体の改革」とは、人為的に格差を作
り出して都市に人口を集中させる政策ということなんだろうな。
「格差」を批判しつつ「分権マンセー」するサヨクは、自分たちが批判してきた借金行政・バラ撒き行
政のお陰でどれだけ地方が助かっていたか、など考えもしないことだろう。
経済学的にもバラ撒きはするべきではないとなっているようだしそれでもいいが、
代わりによほど高度成長期のように景気を良くしてもらわないとスムーズな都市集住も進まないだろうな。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:25:41
お笑い完全失業率を重宝している国が
景気回復したと言っても説得力無い
夕張のように誤魔化して終わるだけだなこの国は

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:25:44
>>87
>ただ、あくまでも平均賃金であった、格差はでるから、まったく上がらない
>人や、上がらない地域というのもありうる

そんで、またサヨクがそこにツケ込んで「格差社会が・・・」とか騒ぐわけか。
景気が良くても悪くてもマッチポンプのイチャモンで食えるんだからラクな身分だよな。

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:26:37
>>89
完全失業率の算出方法さえ知らない奴は出てくるな。

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:28:54
つうか毎日格差社会とかほざいてるマスコミが利上げ賛成してるのはどういうことよ
批判だけしたいのかこいつら

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:35:19
>>92
読者が食いつくネタがほしいんだろ。 格差って食いつきやすいみたい。
それに、金利が低すぎて、庶民のもらうべき金利が銀行や企業の利益にとかで格差拡大
っていう日銀の詐欺商法の広告を請け負っている。


94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:41:04
この低金利下で不景気に再突入したら何の効果もないじゃん
ECB・FRBなんて立派な金利水準なのに

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:45:27
量的緩和

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:49:25
量的緩和に逆戻りだ。円は死亡。

97 :ホカロン:2007/01/18(木) 23:53:34
財出があるさ。

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 02:07:50
本当は政府の圧力と思うけど、
建前は消費の弱さを理由に12月利上げ見送ったのに
それが改善されないのに1月に挙げられるわけ無いじゃん。
結局、その場しのぎなのかアルツなのか、ほんとにこまったちゃん。
今日のコメントもこれから分析するとか言ってるし、
ちゃんと理論武装してから事に望めよ。バカ。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 02:29:17
政府の圧力とか関係ないよ。アンタッチャブルな世界だから
それこそ日銀法の改正をちらつかせないと動かない

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 02:38:56
利上げ見送りぐらいじゃダメだな。
山本幸三経産副大臣も言ってたが、ゼロ金利に戻すのが筋。

世界の標準インフレ率はコアCPI(エネルギー抜き)で2〜3%。
そして日本の場合は、元の物価水準に戻さねばならないので
当面これより高い4%を目標にすべきなのに、
11月のコアCPIはなんとまだ-0.2%なんだから。

#これはバーナンキFRB議長の御託宣だよ。


101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 02:43:58
既に0金利解除の影響がこういうところに出ている

http://www.stat.go.jp/data/soutan/sokuhou/4hanki/pdf/1.pdf


102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 03:29:45
日本国民にババ掴ませときゃ世界のバランスは守れるんだ。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 03:48:15
>>101
去年も前年同期比マイナスなのにこの落ち幅はないわ。

104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 04:13:05
一気に1ドル=122円を目指す下落
http://www.geocities.jp/shikyo_senyo/

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:21:22
>>104
180兆円もある対外純資産残高が(円建てで)さらに上昇するのでほくほく。








106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:21:36
>>10
実収入は上がってる。利上げの影響は皆無だと思う。

特に、平成18年は1月と6月に所得税と住民税の定率減税が半分になってるので
消費の減少だけでその影響を判断するのは危険。



107 :106:2007/01/19(金) 05:25:41
ちなみに、利上げの影響が特に出てくるマネタリーベースにおいては
http://rank.nikkei.co.jp/keiki/kinyu.cfm
の通り、マイナスだが、銀行の貸し出しはプラスなので、

今のところ利上げの影響は皆無であると言える。

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:31:38
>>105
円の価値が下がってるんだぜ?

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:53:59
>>106>>107
利上げしなければ、あるいは金融緩和していたら
どちらも上を行ったと考えるのが合理的思考。
年初の成長目標はいずれも下回っている。

>>108
円建てでは変わらない。

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:56:18
そもそも定率減税の影響があろうと政策目標はあくまで物価なので。
欧米並みの2〜3%までは金融緩和を続けるべきだろう。

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 05:59:02
日銀は資産インフレを過剰に警戒しすぎている。

まだ全国で見れば地価は下がり続けてるのにだよ??せめてプラ転してからほざけよ売国奴。

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:03:39
>>111
バブル期に「土地は誰のものか」と煽ったのは誰か? 日銀は大衆迎合しているだけ。

ちなみにバブル悪玉論で活躍した連中は、現在は「格差」論に熱心。長期停滞を作り出した奴
らが今は弱者の味方を気取っている。これをマッチポンプと呼ぶ。

113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:08:22
大衆迎合じゃねえだろう。インフレ嫌悪は中銀の存在意義であり同時に悪弊だが、
日銀の場合はそれが極度に病的だから、大衆世論に配慮すると見せ掛けて
「利上げすれば勝ち」という国益無視のオタク的価値の実現を日々伺ってるって具合じゃないのか。

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:25:51
毎日はひどい記事書いてるな。
金融政策が政治駆け引きの道具と勘違いしてる。
事前リークが市場との対話と勘違いしてる。
利上げが必要な理由や是非の判断材料について説明しないまま、
単に利上げが日銀の使命だと書いてる。
日銀は市場の期待を裏切ったとも書いてる。
こんな馬鹿なこと書く新聞があるのか。

そもそも一番最初に利上げ決定へという記事をリーク報道したのが毎日だった。
日銀を批判する前に、金融政策についてこういう事前リーク報道をやめるべきことを毎日は認識すべきだろう。
報道で利上げを折り込んでいた債権相場が混乱したとあるが、
仮に幹部からリークがあって債権相場か動いていたならむしろこれはインサイダーによる相場混乱として調査が必要だろう。

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:32:02
これでデフレ不況から本当に抜け出せる
そうなれば、税収はさらに増加し
消費税の増税が必要なくなるという本当の姿が、
国民の前にさらされることになるだろう

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:32:36
>>113
日銀トップも人の子。少し景気が過熱しただけであれだけ大衆(マスメディア)に攻撃され、
そしてバブルを潰せば喝采され、当然に世間ウケは気にする。

というか、日銀理論のルーツも大衆知のルーツも、たどっていくと日本の往年の大御所エコ
ノミスト・経済記者や啓蒙書を書いているような有名経済学者に共通して行き着くのではないか? と考えることも可能。
故笠信太郎の時代から日本の大御所経済評論家や論壇経済学者の多くが清算主義or清貧主義であり、
そうした気分はクラブや遊軍にいるチンピラ記者にまで受け継がれている。

都留重人などは亡くなったが、例えば京都の伊東先生などはまだ御存命だね。

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:34:30
>>114
その記事はまだ読んでいないが、新聞記者は「抜いた抜かれた」が社会的使命だと
信じているチンピラ。文化人面して社説やコラムを書いている論説委員はチンピラの親分。
その過程でソースにリークされ利用されたり、余計なネタを「抜いて」社会に無駄な混乱を起こす。

>>115
まあ、これで財政再建→増税バカがいなくなればいいんだが・・・甘いかな?

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:37:31
>>107
2006年7-9月期のGDP速報では
トータルで前年同期比+1.0%だが、
家計最終消費支出については前年同期比-0.3%、
前期比-0.8%(年率では-3.2%!)とマイナス成長だよ。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe063-2/nshihanki.html

民間需要全体ではプラスだが、これは設備投資が伸びているから。
それも輸出のため。
伸びてるのは外需ばかりで、内需はマイナスってこった。


119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:40:54
経済が成長すると言うことが、どれだけ多くの問題を
なんの努力も必要もなく
解決していくという事を、知らないのだろうか?

それこそがバブルの前、国民の大多数に中流と言う
思いをもたせた姿なのだ
経済が成長すれば、日はまた昇っていく


120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:45:51
>>114
webにあった。これか?

利上げ見送り:論文 憶測招く見送り 東京本社経済部長・原敏郎 毎日新聞 
2007年1月18日 20時57分 (最終更新時間 1月18日 21時44分)
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/seisaku/news/20070119k0000m020127000c.html

これが経済部長の見解では、万が一、分かっている記者がいても何もできないよ。イジメられる。
どうも毎日は自滅して早く倒産したいらしいな。

>>119
世論を作ってきた日本の論壇経済コラムニストたちの大半は、清算主義or清貧主義か、
もしくはナイーブな新自由主義の輸入者に過ぎなかったのが現実といえるだろう。

121 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:50:44
>>119
もちろん、反ネオリベ・反グローバリズムと称した保護主義や社会主義のリバイバルもあるな。

フリードマンも日本では清算主義者に行革・規制緩和の論理としてのみ受容され、金融政策面に
ついては顧みられることはなかった。さらにそこに「新自由主義の手先」として批判が飛んでくる。わけわかめ。

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:54:32
>>110

86年日銀は「消費者物価が1%を切っており」「急激な円高による景気のリスクもある」
を理由に、金利を半分まで下げたな。

レーガン大統領就任時、高いインフレだということで、FRBは金利緩和しなかったな。
結果どうなったよ?

前者は、異常な投資を呼びバブルとなり
後者は投資の減退を招いて失業者を増やした。

あんまり物価だけにこだわってもダメだと思う。

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:57:14
>>122
いいや、日銀は物価だけ考えりゃそれでいい。
バブルよりもその後処理の拙さが15年不況の真因だからな。

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:02:21
つかヴォルカーのインフレ抑制は十分正当化できるだろ。
当時はオイルショックの余韻も冷めない中、紛れもなく高インフレが問題だった。
極端なインフレ率を抑制した後はきちんと景気が軌道に乗ったろ。

ありふれたインフレ抑制と日銀のようなデフレ放置とは、その結果がもたらす
重大性は全く非対称だ。一緒にして語るべき水準の話じゃない。

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:23:43
>>124
ヴォルカーのインフレ抑制後はプラザ合意に至って、
最後は暗黙の月曜日になりますがな(笑

サッチャー就任時の時も同じ、インフレ対策として利上げ後、失業者が倍増。
インフレ率維持のために数年間、回復しないままとなってる。

物価だけ見てもあんまり良いことはないのでは?

それに、利上げしたとしても、それでもまだ金利はかなり緩和してると言えるレベル。
景気視観が悪くなければ、少し上げても問題が出るとは考えにくい。

126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:47:29
>>125の脳内では3-4%の実質成長率が不況になるのか。
じゃあ今は断然金融緩和をしなきゃならんなw

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:48:00
>>125
アメリカやイギリスの場合は、レーガノミックスやサッチャリズムを行うに至った
国内の様々な背景があるでしょうし、金融政策だけではどうにもならなかっ
たというだけのことではないでしょうか?
日本の場合はデフレ期にこうした対インフレ策(改革w)を行ったので論外なわけですが。

128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:49:02
いやいや、こいつは統計無視してパッチワークなイチャモンつけてるだけ。
インフレ抑制には大義があるが、どうやっても日銀のデフレ放置を擁護は出来んよ。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:54:01
>>123
いや、バブル後の後始末も問題だが、
この半分に下げた金利を2年間維持したことがバブル投資を膨らませる要因になった
と考えるのが普通だろう。

この異常加熱をとめられなかった理由も
「この間の消費者物価指数が1%切っていた」
から。

物価指数にだけこだわり、投資の異常過熱を止められなかったのは
それはそれで問題では?

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:55:08
>>129
お前バブル期の資産上昇率知ってる?

131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 07:59:28
資産価格はミクロな問題だろ。
去年の銀行貸出拡大は主に都市部での不動産融資らしいが
それなら貸出に規制、あるいは税をかければ終わりだ。
全国レベルでは土地デフレは止んでいない。
世界中で日銀以外のどこのアホがバブルを懸念する状況なんだ?

日銀は物価だけ見てりゃいい。

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:06:59
>>130
株式については86年の約1.7万円から89年の4万円
倍だな。

不動産については知らん。

133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:24:29
>>126
いや?そんなことは言ってないが?

投資状況に見合わない金利を設定をしても
投資の減退や過剰投資を招くので意味がない

この時に見るべき指標が、物価指数オンリーというのは危険だ
ということを言ってるのだが?

>>127
レーガンはどうかしらんが、サッチャーの公約はインフレの抑制。
おそらくレーガンもそれをインフレを気にしてなかったようには考えられない。

なので、小さな政府化と、それに伴う景気減退懸念を減税での消費増大で相殺させる
という手法をとってるはず。

もっとも、レーガンは一部で財政支出を拡大させてるので、
インフレ抑制は考えてなかったかもね(笑


134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:31:01
キャピタルフライトは起きていない?
現実に起きてるじゃんwww

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:31:56
日銀の言ってるのは1箇所の蛇口の水の出を見て元栓からバルブ閉めろというようなもんだ


136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:35:24
>>129
結果から見ても日銀だけが対処する問題ではなかった


137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:36:02
>>134
貿易収支黒字=資本収支赤字

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:48:14
>>133
>投資の減退や過剰投資を招くので意味がない

インフレ抑制もデフレ脱出も十分意味ある目標。
高インフレもデフレもミクロな調整を阻害する経済撹乱要因。
高インフレでの投資抑制を否定する人間が
同時にバブルの発生を異常に警戒する撞着ぶりは興味深い。

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:48:29
資産価格の上昇が気になるなら、それこそ税を掛ける
絶好のチャンスに気がつかないのだろうか?

それこそ、消費税を上げようとやっきなっている
財務省の出番だろう

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:50:02
>>136
OK、とりあえず
「株式が倍以上になろうが投資バブルになろうが、
日銀が消費者物価指数を維持するため低金利を維持した」
ことは正しい判断であった、という認識で良いのか?

気になる問題はここなんだけど。

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:53:30
>>140
そのとおり
つうか、政府政策の弊害の抑制のために日銀がでしゃばる必要はない


142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:54:00
早く株価倍にならねえかなあ。アメリカなんか10年で3倍だろ。20年も同じ株価の日本がどれだけ異常かって事。

143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:55:27
>>138
俺はバブルの発生を警戒してるんじゃなくて
「投資に直結する金利が、物価指数だけで判断すべき」
というのが本当に正しいかどうか、を異常に気にしているんだが?

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 08:59:49
物価を無視し続けた日銀の失敗と比べると全てが圧倒的に正しいな

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 09:00:49
>>143
金利下げたことによって投資一辺倒に流れて、許容以上のバブルを発生するなら
それこそ、政策の構造的な問題で日銀だけ投資の動向をコントロールしようとする意味はない


146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 09:02:40
>>143
>>140見たらよくいるバブル嫌悪論者にしか見えんが。
ところで今度はどの国がバブルになるんだ?中国?

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 09:16:01
日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、その他公定歩合推移
http://up.uppple.com/src/up1712.gif

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:20:58
ここまで下がって株価アップ。

http://today.reuters.co.jp/investing/financeArticle.aspx?type=marketsNews&storyID=2007-01-18T114022Z_01_nTK3050396_RTRJONT_0_MnTK3050396-1.xml&src=cms

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:22:58
>>100
当然だよなあ。日本の異常さを、いくら粉飾したって改善するわけじゃにのに
いつまで子供騙しな事を続けてるんだろうね。

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:25:16
金融政策だけじゃ限界ってことだろ。
日銀も政府に注文つけりゃいいのに。糞だから無理か。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:43:05
金利引き上げ見送りに対するマスコミの冷淡さは徹底してるな。
昨日のWBCでは外人まで出してきて「中央銀行の独立性が」とか言ってた。
で、フジのニュース見たら須藤慎一郎が出てきてわけのわからん文句つけてたし。

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:49:45
20 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2007/01/19(金) 09:05:23
>>10
日銀が今誘導している金利は無担保コールレートの平均値の上限だよ?
本来なら、誘導目標なんて不要で、貸出先のリスクによって
市場原理によってそれぞれ金利が決まればいいだけの話。
今は上限を決めて、民間同士が市場原理で金を融通するリハビリをやっているようなものだよね。
その枠を広げることすらできないってのは、
リスキーな貸出先が多すぎる、ってことの裏返しじゃないの?

結局、量的緩和というシャブ(=国からいくらでも金が借りられた)に慣れた身体にゃ
この程度の減薬、リハビリすらも命取りってことが海外にもばれちゃった。
そりゃ円安にも振れるわな。


153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:59:33
>>151
市場はほとんど利上げを織り込んでたような雰囲気だったからねぇ。
肩透かしくらった感じなんだろう。
逆に言えば、今回の利上げの結果は賛成・反対派関わらず、
かなり意義のあるものだしねぇ。

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:00:52
日銀が体現していたデフレ期待の払拭には間違いなく意義のあるイベントだった。
>>148の記事にもそれが現れているな。

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:09:37
>>152
これ通貨発行権も各銀行に任せると言うなら理解できるけどな。
でなきゃデフレの罠に陥って経済縮小は必定。
この程度の半端な思いつきで批判されても痛くも痒くもないだろう。

156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:19:49
つか、円安=国の威信が落ちている!みたいなアホ認識を
どうにかして根絶できないだろうか?

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:36:07
デフレになれば物が安くなるから良いって奴すら多いんだから無理だろ

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:37:51
日銀は正しい決断をした。

一部おなじみのインサイダー連中筋が、市場の期待を裏切っただのあ〜だこ〜だわめいてるが、
自分達の独自分析もなく、自分達のリークソースを元に相場を張った自業自得。
毎日など週末人「利上げ決定へ」とリーク報道したが、
日銀金融政策決定会合の形骸化という意味で、こんなふざけた金融政策を馬鹿にした
報道はない。

特に、アメリカでは、金融政策の内容について、幹部から事前にリークがあるなんて
絶対にあり得ない。
FOMCでは、FOMC理事会委員は、数日前から厳しく行動や接触が制限されてる。
判断が分かれて微妙になりそうな時は、市場もものすごい動きをする。
が、FOMCが納得いく説明(いわゆる市場との対話)を行うから相場は混乱せず、
むしろ、その説明をソースに次の金融政策を織り込みにかかる。
これが、健全な市場との対話の姿。
くだらんリーク合戦で織り込んだ相場など市場との対話でもなんでもない、
ただのインサイダー相場だ。

まぁ、日銀が正しい決定をした、このことはあとになればわかる。

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:44:15
>>158
できれば利下げしてほしいが、今の日銀には現状維持がせいいっぱいでしょうな。

ところで、赤旗がブルジョアの味方になっている件について。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-01-19/2007011902_01_0.html

失業者が増えることよりも金利で生活できる大金持ち連中の方が心配らしい。
こんな論説書いた奴は立って自己批判すべきだ(古い?)。


160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:47:36
そういう意味で、今回の日経新聞はかなり評価できる。
月のかなり前から一貫して発表されてきた経済指標を根拠に金融政策決定会合は流動的だろうと伝えていた。
けして憶測で断定記事を書いたりどっかのリーク情報をもとにリーク記事を報道したりはしなかった。
このあたりは、アメリカの金融政策や市場との対話の様子もつぶさに分析取材報道して
きているあたりの違いだろう。

今回の決定も、冷静に受け止めて今後の金融政策の行方について予測しており、
金融政策について極めて冷静に分析された記事が書かれてある。

さらに市場への混乱を招いたとの指摘については、
日銀の事務方が週末に召集されたのを根拠に利上げ決定を判断した人達を例に、
独自分析もなく事務方の内部情報を根拠に動いた方が悪いという指摘もあると書いて、
暗に利上げ決定を報道したり決めこんだ人達の自業自得だと批判している。

まったくそのとおりだと思う。

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 14:09:11
>>160
>そういう意味で、今回の日経新聞はかなり評価できる。
ウソをつくなウソを。毎日とともにキチガイ報道の先頭走ってたぞ。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)