2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(*^o^*)(*^o^*) 平原康多くん2 (*^o^*)(*^o^*)

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 20:31:31 ID:P0UtUq8Q

誰からも好かれる人気者(*^o^*)


前スレ
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/keirin/1150732869/l50

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 21:27:11 ID:S7A+vqbF
>>1


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 22:23:07 ID:G1GHKWvr
はこ3

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 00:56:00 ID:P6+Ph6uc


    /∵∴∵∴\    スレタイ見ただけで荒らしたくなったぜ!
   /∵∴∵∴∵∴\   
  /∵∴∴,(・)(・)∴|  
  |∵∵/   ○ \|         
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \__
     \____/








5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 02:53:33 ID:tBNFnGTP
平原康多 (埼玉 87期)
プロフィール
http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/membprofile?SNO=013841
http://sports.yahoo.co.jp/keirin/players/detail/013841/
http://keirin.jp/i/dfw/dataplaza/guest/mobile/KFindSensyu.im?GEN=OFF&ADV=false&SNO=13841

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 02:56:54 ID:tBNFnGTP
「月刊競輪 2005年9月号」
ニュー・スター・インタビュー
第16回 平原 康多
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/column/bk_number/2005/nsi/nsi_352.html
http://www.keirin.go.jp/land/pages/column/2005/nsi/nsi_352.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:10:53 ID:tBNFnGTP
平原、6度目挑戦で決勝舞台…全日本選抜3日目
http://hochi.yomiuri.co.jp/gamble/keirin/news/20061205-OHT1T00116.htm
◆全日本選抜3日目(4日・いわき平競輪場)

強力な北日本地区が崩壊し、地元・福島勢からのファイナル進出者もゼロとなった。
3日目・4日は準決勝3レースを中心に行われ、
12Rで人気を集めた山崎芳―伏見俊は、手島慶に屈して姿を消した。
G1初制覇の期待がかかっていた同11Rの武田豊は、7番手からの巻き返しが決まらず6着と敗退した。

決勝は最終日の5日、第12Rで行われる。
中心は平原康と連係する神山雄一郎(38)=栃木=。
このシリーズ11年ぶりの制覇と、「KEIRINグランプリ06」(GP・30日、京王閣競輪場)
の出場権獲得に全力でぶつかる。
なおGP出場を巡る争いは有坂直、佐藤慎、手島が当確になり、実質残りは1つになった。


キラリと光る口元。伸び盛りの24歳には笑顔が似合う。
平原が大会初出場、G1では6回目の挑戦で決勝戦の舞台に進出した。

初戦は6着に沈んだが、打鐘から果敢に逃走。それが同型へ、無言のプレッシャーとして効果的に働いた。
「内容があるレースを2日間できたから、準決勝はいい展開になったと思う」
関東期待の星がエンジンを全開にする前に、流れを作ろうとした別線勢。
その間げきを突き、1センターからのまくりで自分のラインをキッチリ引き出した。

躍進の年だった。8月「ふるさとダービー富山」でG2を、前走の別府記念ではG3を初制覇。
「負けてヘラヘラしていたら終わり。負けて得られる物が多いんですから」と、
敗北の悔しさをエネルギーにする頼もしさが、ある。

川越工高自転車部時代の2000年イタリア「ジュニア世界選手権」、
同年の中国「ジュニア・アジア選手権」に参戦し、スプリントで入賞。
完全“アウエー”の海外で奮闘した勝負度胸も、ここ一番での集中力として表れている。

スタートラインで両サイドに並ぶ6番車の稲村、8番車の兵藤も二世選手。
父親を超えたい思いは皆、同じだ。
「ヤンググランプリは昨年の2着で卒業です。勝ちを意識して失敗しないように頑張る」と、
卒業の次にあるGPノミネートに向けて胸を張った。

トータルバランス底上げのため、歯並び矯正にも取りかかっている。
「あと、1年はかかるかな」とニッコリした歯には、ちょっとしたトレードマークになった金属の器具が光る。
矯正器具が取れるころには、周囲の予想を上回る成長を遂げているに違いない。
いざ、ファイナル。激“逃”の先にある、GP初出場へと続く道を突っ走る。(竹之内 敏)

◆平原 康多(ひらはら・こうた)1982年6月11日、埼玉県狭山市生まれ、24歳。川越工高卒。
87期在校成績1着33回で8位。デビュー戦は2002年8月5日、西武園〈1〉〈2〉《9》。
184センチ、90キロ、太もも64センチ。血液型A。322戦94勝。
今年8月「ふるさとダービー富山」で逃げ切り、G2初優勝。
父・康広さん(57)=28期=は1999年7月27日に引退。

(2006年12月5日06時06分 スポーツ報知)

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:50:43 ID:tBNFnGTP
西武園クラブなんでも掲示板

ttp://8906.teacup.com/kmmm/bbs

何でも書き込み可能ですが宣伝等の書き込み不適切であると判断しましたものは管理人が削除いたします。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 04:10:52 ID:tBNFnGTP
ふるさとダービー富山GII
「優勝者の横顔」
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/graderace/furusato/H18/aug/winner_data/winner.html から

正直、本当に自分が優勝しちゃったのかな? って感じですね。俺でいいのかなって感じ。
今日は「とりあえず先行する」とかじゃなく、いつも通り自分の競走をして、それで負けちゃったら仕方がない。
自分の競走をしにいって満足して終われればと思っていました。

二車でのカマシは勇気がいりましたが、後ろの渡辺晴智さんはラインは違うけど、仕事してくれる人だし、
積極的に行けば何とかしてくれるかなと思っていました。
武田豊樹さんが三番手に入ったのは確認できたし、まくりに来たのも分かりました。
来た時点で、あとは自分が我慢するしかないと思っていました。

(ゴールした瞬間のガッツポーズは)とにかく嬉しかったから自然に出ました。
先月1か月は休まざるを得なかったんですけど、結果的に休んだことで体がゼロに戻ってイイ感じに仕上がりました。
今回は調子が良かったですね。4日間とも納得のいくレースができたから、結果が伴ったんじゃないのかなと思います。
誰か特別な一人にという訳ではなく、自分の生活のリズムっていうのは周りの人のおかげで色々できてると思うんで、
そういう皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

これからはG2を獲ったというプレッシャーはあるでしょうが、それに負けないように練習も頑張っていきたいと思います。
G2は優勝できたので、次はG1の舞台でもう少し活躍することをこれからの目標にしたいと思います。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 04:18:48 ID:tBNFnGTP
↓ は、公開が期間限定だから、そろそろページ削除されちゃうかも

日刊プロスポーツ新聞社|KEIRIN EXPRESS
HOME > 記念競輪 > 大宮競輪場東日本発祥58周年記念「倉茂記念杯」

レース展望
http://www.nikkan-pro.co.jp/G3/2007/0113_omiya/index.html
検車場レポート
http://www.nikkan-pro.co.jp/G3/2007/0113_omiya/report/0112/index.html から
http://www.nikkan-pro.co.jp/G3/2007/0113_omiya/report/0115/index.html まで
記念速報
http://www.nikkan-pro.co.jp/G3/2007/0113_omiya/final/index.html

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 12:00:37 ID:SW6cv7qd
>>6->>10
わざわざ乙だな。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)