2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

共産党の「科学の目」について語ろう

1 :代々木評論家:2006/06/16(金) 03:39:40
キンピー問題でも筆坂問題でもそうなんですが、共産党の恥部が曝け出されるような問題
になると恥を上塗りするような人々が必ず出て来ますね。そういう人々に限って強い党派
意識を感じます。日頃は科学の目とか言いながら、窮境に陥ると論理回路がパンクして錯
乱してしまうのでしょうか?

窮境に陥った時こそ科学の目の出番のはずなのに、その時になるとお約束のように機能を
停止してしまう。これが科学の目だとしたら何の役に立つのだろうか? どう考えても意
味がないではありませんか。最近言ってるかどうか知らないけれども、共産党は「党派性
と科学性は統一(両立)できる」とよく言っていました。実際は両立するどころか、対立
物のようになってます。

彼らの「科学の目」とは何なのか? これは非常に興味深いことです。この問題について
少し議論してみたいと思います。科学の目を誇る不破派の人の弁明も受け付けます。


2 :代々木評論家:2006/06/16(金) 04:27:06
参考

○不破講演
21世紀と「科学の目」 第37回赤旗まつり 2001年11月
http://www.jcp.or.jp/activ/activ23-matsuri/2001-1109-fuwa-1.html
http://www.jcp.or.jp/activ/activ23-matsuri/2001-1110-fuwa-2.html

21世紀の資本主義と社会主義―ふたたび「科学の目」を語る 第38回赤旗まつり 2002年11月
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-11-13/11_0401.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-11-14/13_0401.html

○不破書籍
二十一世紀と「科学の目」 2001年12月
http://www.shinnihon-net.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=352

ふたたび「科学の目」を語る 2003年2月
http://www.shinnihon-net.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=358

○ネットで拾った資料らしきもの
科学的社会主義の世界観(講義要綱) 2005年8月 PDFファイル
http://ratio.sakura.ne.jp/archives/sekaikan.pdf#search='%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%80%80%E4%B8%8D%E7%A0%B4%E5%93%B2%E4%B8%89%E3%80%80%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A'

3 :代々木評論家:2006/06/16(金) 04:43:28
不破氏の「科学の目」を生で拝聴したい方は11月に企画があるようです。
「科学の目」は赤旗まつりの定番とのこと。この言葉が生まれたのも赤旗まつり。

第39回赤旗まつり 政治プログラム決まる 2006年6月4日(日)「しんぶん赤旗」
>まつり恒例の不破哲三さん(社会科学研究所所長)が語る「科学の目」シリーズは、まつり初日
>の三日(金)午後、BumB東京スポーツ文化館(旧夢の島総合体育館)のメーンアリーナで開
>催されます。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-04/2006060401_03_0.html

4 :代々木評論家:2006/06/16(金) 04:58:59
大辞林 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%B2%CA%B3%D8&stype=1&dtype=0&dname=0ss
かがく くわ― 1 【科学】
〔science〕

1 学問的知識。学。個別の専門分野から成る学問の総称。「分科の学」ないしは「百科の学術」に
由来する。

2 自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究
の営み。実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする。
研究の対象と方法の違いに応じて自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。狭義には自
然科学を指す。

5 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 05:56:01
>>1さん、独善的な「科学の目」ではなく「市民の目」を持つべきだと愚息が申しています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったとか。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、
「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、"共産主義者による建党協議会"の高田健さんが、いつから”chanceの人”になったのかわかんないけど、
おいらも頑張る!」といって張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの
嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


6 :代々木評論家:2006/06/18(日) 15:14:30
なぜ誰も書かないのだ・・・。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)