2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【零細経営者】民事再生法【最後の切り札】

1 :名無しさん@あたっかー:2007/01/14(日) 15:22:44
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%CC%B1%BB%F6%BA%C6%C0%B8&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1&x=4&y=11

2 :名無しさん@あたっかー:2007/01/14(日) 20:10:45
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070111/index.html
プロフェッショナル・会社再生・村松謙一氏

3 :名無しさん@あたっかー:2007/01/14(日) 20:12:58
http://blog.goo.ne.jp/consul-n
倒産回避コンサルタント

4 :名無しさん@あたっかー:2007/01/14(日) 20:15:03
2007/01/11
プロフェッショナル 仕事の流儀 村松謙一
プロフェッショナル 仕事の流儀 第37回

どん底の会社よ、よみがえれ?? 弁護士・村松謙一 ?

倒産寸前に追い込まれた会社に駆けつけ、再建を助ける、再生専門の弁護士がいる
。?弁護士・村松謙一(51)。東京佐川急便や長崎屋などの一部上場企業から街角
の個人商店まで、再建した会社は100を超える。村松の弁護士事務所には、ひっ
きりなしに依頼者から連絡が入る。どれも、待ったなしの深刻なものばかり。夜逃
げや自殺をほのめかす依頼者も数多い。 村松の一番の仕事は、追い込まれた経営者
の代理人として会社の舵(かじ)を取り、再生の道を探ることだ。そのために村松
は、自ら債権者に向き合い、法律にそって返済の猶予や債務の減額を交渉すること
も辞さない。?そこには、経営難を理由に命を絶つ悲劇を少しでも減らしたいとい
う思いがある。「会社の救済は、人生の救済」。村松の信念は揺るがない。 この
秋、一つの気がかりな案件があった。経営難に陥った、ある「そば屋」からの依頼
だ。親子で経営をしてきた店をいかにして立て直すか。村松の真剣勝負の流儀に迫
る。



NHK総合
2006年1月11日(木)22:00?22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/




5 :名無しさん@あたっかー:2007/01/14(日) 20:53:58
民事再生とは

  民事再生とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していくという制度です。
民事再生の要件(個人民事再生)

・将来におい継続的に収入を得る見込みがある者か、給与などを定期的にもらう見込みがある

・借金の額が3000万円以下(住宅ローン除く)

民事再生の主な有利点

債務総額の大幅圧縮
債権総額の五分の一又は100万円の多い方(最高300万円)まで残債務が免除されます。


民事再生の主な不利益

手続きの複雑化
すべての債務状況及び申立人の資産状況を調査し再生計画案を作成します。そしてそれを裁判所に認めてもらう必要があるため、手続も複雑で長期間を要します。


手続費用
約30万円 (+約20万円の民事再生委員選任費用が必要の場合あり)
依頼先事務所により異なるため確認が必要です。





3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)