2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国家の堕落】(文芸春秋・藤原正彦先生寄稿)

1 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/14(木) 00:41:55 ID:0XHbTpA7
驕れる経済人よ、猛省せよ。

近代になって、市場原理主義ほどこの日本を傷つけたものは多くない。

この文頭より始まる先生の言は、火を吐くようである。

1)日本の国柄を破壊した小泉改革
2)日本改造を行った一握りの人たち
3)教育へ口出しするようになった経済界
4)小学生に英語、パソコン、金銭教育は不要
5)産学連携によって弱体化する基礎科学
6)厳重注意を受けた株式会社立大学
7)日本近代に初めての現象

上記のような項目で、憂国の言葉を経済人の実名を出して、公然と非難されている。
様々な圧力を覚悟の上でおっしゃっておられるではないか。
そこまで思いつめられてのことであれば、なんとか協力したいものだと思う。

自分の意見は、ブログに書いている。
一応、先生の擁護論のつもりだ。アホで見識が浅いのは申し訳ない。
別段宣伝ではないので、スルーしてほしい。
だが、スタンスを明らかにするために一応貼っておく。
http://ameblo.jp/crio85461729/

もし先生のお話を読みたいのであれば全文を写してもかまわない。

2 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:56:16 ID:nF8J4iqG

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__     |  藤原正彦が惨殺死体で発見されますように...
    /  ./\    \_______________
  /  ./( ・ ).\       o〇      ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧        |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナモナモ   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂ ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 (  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr

3 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/14(木) 01:03:54 ID:0XHbTpA7
>2
ひでえなw

4 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 14:16:14 ID:/VAJW9GU
この人の意見を大新聞Y新聞で読んだが、武士道復古とかいって、内容のない、文化
を語るに足りだけの知識、識見のない人。親の7光で投稿できただけだろ。
支配者公安警察からは、このような愚かな宗教道徳的祭祀者のような口まねをする
人物を好きなようだ。統治には宗教は効果的だからね。自分は数学者ではないのか
なんで文化を語るだけの識見あると考えたのだろうか。

5 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 14:18:21 ID:/VAJW9GU
国家の堕落といえば、今上の愛人の子認知で、あわよくば天皇にまでと、日本
国憲法規定の地位を権力者間で、与える勢いある言動をどう思うか、1節ぶって
もらいたいもの。これこそバカ国家堕落の極みではないか。

6 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 14:19:04 ID:/VAJW9GU
まあ、MI6に頼んで始末してもらったら?

7 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/16(土) 22:29:51 ID:RvvXLnue
>4
そうだろうか?

この国の経済人並びに政治家よりずっと見識は高いと思われるが、先生の著書を読んでいただきたいものです。
「若き数学者のアメリカ」や「遥かなるケンブリッジ」など良書がたくさんある。一連の著書を読めば、理解できると思われ。


とりあえず、一部抜粋する。

「(前略)私にとってとりわけ我慢がならぬのが教育に対する口出しである。
教育には市場原理がなじまないことを理解せず、教育の本質が何であるかを深く考えたこともないような人々が、
思い付きを言い続けている。
彼等の言うように、教育が崩壊していることは確かである。それに対する文部科学省の動きが鈍重であることも確かである。
文科省官僚や彼等の選んだ御用学者による審議会の、見識を疑いたくなる気持ちもよく分かる。
文科省が、他の省庁と同じく、既得権益を手放そうとしないことに腹立つ気持ちも分かる。
しかし、これらの事実は、財界人やエコノミストの意見の正しいことを保証しない。
(中略)
経産省には産業構造審議会というものがあるが、そこで検討する四本柱の一つが何と教育である。
(中略)
この審議会の二十六名からなるメンバーのほとんどは、やはり財界人とエコノミストである。
経産省のこの審議会で決定したことは、経団連や同友会と同じく文科省ではなく、今や決定機関となった二つの会議に提言されるのである。
キャノン会長の御手洗冨士夫氏は現在、日本経団連会長であり、経済財政諮問会議の民間委員四人の一人であり、
かつ経産省の産業構造審議会の会長だから、財界、経産省、経済財政諮問会議の間の意思の疎通は実に円滑であろう。
そればかりではない。日本郵船会長の草刈隆郎氏は、経団連の教育問題の委員長であると同時に規制改革会議の議長でもある。
この二人がどうということではない。経済界と二つの会議とのつながりの強さを示したまでである。
日本の方針を決定しているとさえ言える二つの会議が、財界とエコノミストによって事実上動かされているということになる。
彼等の教育への提言とはどのようなものであったのか。

8 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 22:33:38 ID:Lpdt42Nl
何となく馬鹿にしてたけど、
読んでみたらあまりに的確で驚いた。

9 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/16(土) 22:34:25 ID:RvvXLnue
続けて、


「小学校に英語を導入すべきと言ったのも、必修にすべきと言ったのも主に経済人であった。
(中略)
日本に住む普通の日本人が、小学校一年から週一、二時間ずつ英語を学び始め、普通の努力を大学まで続けても、
話したり書いたりできるようにはまったくなれない、という冷徹たる事実を知らないようである。
(中略)
小学校でのパソコン教育を言い出したのも主に経済人であった。
(中略)
小学校や中学校でパソコンなどと戯れていたら、日本からパソコンを作る人間やソフトを作る人間がいなくなる。
(中略)
小中学生に起業家精神を育めとか、金銭教育をしろ、中高生に株や債権の知識を与えろ、などとトンチンカンを
いっているのも彼等である。 (後略)」

10 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/16(土) 22:37:23 ID:RvvXLnue
>8
あざース。

11 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 07:49:43 ID:daPYvlxA

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__     |  藤原正彦が惨殺死体で発見されますように...
    /  ./\    \_______________
  /  ./( ・ ).\       o〇      ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧        |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナモナモ   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂ ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 (  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr

12 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/18(月) 00:18:45 ID:8DPP80hF


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__     |  藤原正彦先生の意見がみなを感化してくれますように...
    /  ./\    \_______________
  /  ./( ・ ).\       o〇      ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧        |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナモナモ   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂ ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 (  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr


13 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/19(火) 00:16:10 ID:LkMbUzl8
今日も、先生の一言をぱくって。


「宮内氏に限らず、現役の財界人が規制改革会議や
経済諮問会議のトップになる、ということはあっては
ならないことである。規制緩和とは余りにも企業の利益、
とりわけ大企業の利益と直結しているからである」

14 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:28:53 ID:xPmJs9oI
藤原先生を尊敬します

15 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:32:18 ID:coc3Wwni
なにこの馬鹿?
新自由主義こそ保守本流の理念だろうがw

16 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:41:15 ID:rno3hq02
>>13
誰もが思ってることだろうにネット世論以外で滅多に耳にしない言葉(笑)

藤原正彦先生エライ。

17 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/22(金) 00:15:28 ID:t4bIyIoa
>14
アザース。

>16
アザース。ほんとにおっしゃるとおりで・・・
でも、先生にいろんな圧力がかからなければいいけれど。
たぶん、それも杞憂で先生はそんなことには負けないと思います。

18 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 11:37:39 ID:O0ESBNT0
>近代になって、市場原理主義ほどこの日本を傷つけたものは多くない。

オマエはイスラム原人かw



19 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/22(金) 22:28:16 ID:t4bIyIoa
先生の現在の大学の状況について嘆いておられる様子を!!!


『(前略)

大学教育については、産学連携ばかりを言い立てる。一九九八年以降、経団連だけで産学連携がらみの提言を少なくとも四十七件は出している。
大学を卒業したら産業界ですぐに役立つ人材を育てろとも言う。
産学連携も悪くはないが、それはあくまで大学の研究活動のほんの一部でなければならない。

大学は主に長期的視野の研究を行い、産業界は主に
短期的視野の研究を行うという住み分けが、最近壊されつつある。
産学連携ということで研究資金は当然すぐに役立つ
分野ばかりに行く。天文学や哲学や歴史学と連携する企業はまずはない。
慢性的研研究費不足にあえぐ大学では自然、外部資金を多く集める分野ばかりを重視し充実するようになる。
こうして、一見役にも立ちそうにない基礎科学や、文系の諸分野が次第に縮小され、ついには切り捨てられていく。

歴史的視点に立つと、数学とか理論物理学などの基礎科学の弱い国が、長期間繁栄したことは近代になって一つもない。
風上の基礎科学が衰微していて風下の技術革新が盛んになるという例はないのである。

(中略)」

20 :crio ◆yUPNqG..6A :2006/12/22(金) 22:29:30 ID:t4bIyIoa
もう一発。


それだけではない、市場経済のためには「小さな政府」ということで、国立大学予算は毎年一パーセントずつ減らされている。
とりわけ我が国における基礎科学研究のほとんどは国立大学が担っているから、今大変なことになっている。
産業界からの資金の入る分野はまだしも、役に立ちそうもない分野は激しく落ち込んでいる。

数学研究費などは二〇〇五年度までの七年間で
三〇パーセントも減らされ、今ではアメリカの何と四パーセント、フランスの一〇パーセントにまでなっている。

予算を削減された場合、研究教育機関である大学にコスト削減の方法はほとんどない。
研究費カット、賃金カット、人員カットくらいなものである。
今これら三つが各国立大学で同時に起きている。大学に研究ポストが少なく、研究予算もないとなれば、
基礎科学の研究者を志す若者がいなくなってしまう。

最も優秀な人材が、普通の人の何倍も努力を払って
博士号を得ても、就職先もなければ研究費もないということになるからである。
風下が死ねば、長期的に風下も死に、科学技術立国は不可能となる。(後略)

21 :名無しさん@3周年:2006/12/31(日) 23:33:14 ID:Wn/fQEAr
村上世彰が言っていた、「ルールの中で金儲けして何が悪いんですか」
こいつ東大や通産省で、まだ法律が不備な分野や、法律の隙間を狙って
金稼ぐ方法を必死に勉強してたんだろうな。
それじや村上にこの言葉を進呈しよう、
「おれおれ詐欺して何が悪いんですか、電話でお願いしたら俺の口座に
相手が金振り込んでくれただけじやないですか」
「人殺しして何が悪いんですか、戦争ではたくさん人殺ししたやつが英雄
じやないですか」
こんな話をしてたらきりがない。
オウムの上祐や堀江や村上のように、へらへらと屁理屈をしやべるような
やつがはびこる世の中を直すのは、藤原先生が言われるように学校教育で
武士道精神を叩き込むしかないと思う。

22 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/03(水) 23:24:19 ID:xrJudAY7
>>21
あざース。
ほんと、お言葉通り!!!


その話で、思い出したことを。

正月なのでひさしぶりにTVを見たが、
気になったのが、みずほ銀行のコマーシャルだった。

TVのCMで堂々と、子供に金銭教育をやっていると宣伝してやがる。
恥知らずにも程がある。

それがいいというのなら、銀行関係者の知性を疑わざるをえない。


アー、ムカつくぜ!!!!

23 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 23:28:57 ID:yRv6JKJx
「よ〜く考えよ〜お金は大事だよ〜」と子供に歌わせる醜いCMを、
「かわいい」と喜んでた主婦がいたけど、これも金銭至上主義の洗脳が進んでる証拠かな。

24 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 17:02:22 ID:pqbaJMAS
  ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃JR         は げ .     . . .   ┃
  ┃   .        半 家          ┃
  ┃     ..                . ┃
  ┃             Hage  .        ┃
  ┠──────────────┨
  ┃ ←とおかわ   .   えかわさき→ ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃                      ┃



25 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/04(木) 22:37:44 ID:NxrL8UJN
>>23
確かに、そう言われればそう思われますね。

かつて司馬遼太郎さんが、角栄時代の金銭至上主義を憂いておられたことを
思い出します。同じようなことが繰り返されているのでしょうね。
個人的には、司馬氏観をあまり好ましくは思っていませんが・・・・。

よくは分かりませんが、司馬さんが嘆かれていた時代より
状況は確実に悪化しているような気がします。

26 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/04(木) 22:41:26 ID:NxrL8UJN
続けざまに先生の言葉をぱくります。



今回は、「厳重注意を受けた株式会社立大学」という項目から。




『(前略)

規制改革会議の懲りない面々は株式会社が簡単に大学を設立できるように強引に規制を緩和した。
既存の国立、公立、私立とは別に、学校法人によらない株式会社立を認めろというのである。

株式会社が学校法人を作って大学を始めれば事足りるはずなのだが、そうすると設置審査というものを
クリアしなければならない。
そこでは大学としての質を備えているかが専門家に審査される。

教育課程が適切に編成されているか、学生数に応じた専任教官数や校舎面積が確保されているか、
財政的な安定性はあるのか、といった項目である。

学校法人を作らず株式会社がいきなり大学を作る意味は、この審査をくぐり抜ける方便ということである。
株式会社とは利潤を追求する組織である。利益が出なければ、会社は株主につるしあげられる。

学校が赤字になれば「やめろ」となることは必定である。そのうえ届け出だけで設立できるとなれば、どんな教育が
そこでなされるか分かったものではない。

だからこそ勝手に閉校としない、などの条件のついた学校法人というものがあり、設置基準がある。

                              (後略) 』



27 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/01/06(土) 16:22:05 ID:6NuXiC16
神通を身につけることは楽しい修行によって身心を軽快にするぞ教学を行
理勝者方によってもたらされ _,,.. -──‐- .、..SEXしたのか?退出してもらえ
真理の宝刀抜き放つ,. ‐''"´          i``'‐.、一つ言えるのは、票の操
マイクロ波VXガス ,.‐´              l   `‐.、.がなされた事は間違
朝、女神の啓示/             ,  '  ヽ     ヽ.の教えが背景にあ
私はメロンだ ,i´            , '      ヽ    i尊師 尊師 尊師尊
元気ハツラ /             , '          ヽ   i駄目じゃないかミ
ヴァジラヤ,i          , '   ──────  ヽ iマイトレーヤ正大
立派なポ.i        , '     ──────    ヽ i師に大いなる拍手
は凡夫を.i      i, '    ノ二二二l     l二二ヽ  ii超える道を選んだ
インチキi       i                      i宗教であってはま
落田を       i       --──      ──-   ポアするしかないか
修行す i      i        ̄ ̄       |  ̄    ヽ弟子たちのカルマ
瞑想す i      i '                `ヽ      `原裕次郎に似て
布施すi       i            ,'     , i,     l これからはヴァ
ロン食i       i           ノ`ー'`ー-' '     ,ぞ!徹底的に布
エンタi       i          , -─'  ̄ `ー、    , i 消費税廃止だ彰
対死ぬi       i        , ' , -─'  ̄ `ー i  , ' i人は必ず死ぬ
無常にi       i`丶、_   , ' , '  -───- i i  ,'  i真理の教えとい
正悟師i       i   `ー '  /    ̄二二 ̄  i i ,'   i異性の生殖器で
済度すi                `-、__ , '`i、_, '  '`   iこれは洗わなけ
いなあi                                i臭いと。そして本
嬉しいi                                 iそして説法テー

28 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/09(火) 16:03:14 ID:c04A7JEa
続けていきます。

先生が例として挙げたものをみてみよう。
2004年に特区を利用し、6つの大学を設置した。
2006年、文部科学省は法律違反の恐れの強い四大学に対し改善要求を出した。

LEC東京リーガルマインド大学(2004年新設)では、資格試験のための予備校の生徒と、大学の学部生が同じ校舎で授業を受けていた。
この大学を作ったLEC社では、特区である千代田区の認可を受けずに開校したため、区の厳重注意を受けた。
翌年には、司法試験合格者を水増しして表記したため、公正取引委員会から予備校パンフレットの排除命令も受けていた。

実は、ここに友人がかつて通っていたため、自分も少しは知っている。

就職氷河期のために、資格を求め、おそらくはそうした者達の気持ちを利用し、大変な利潤を上げていた会社である。
ここは特に司法試験が売り物だったが、司法改革により法科大学院が設置され、司法試験の条件が緩和されたため、
焦燥感を抱いたがゆえの大学設置ではないかと思われる。

先生が、LEC社の内幕を暴露してくれているのでそれをぱくってみる。

「(前略)ちなみにLEC社長は、規制改革会議などへ積極的に提言をしたり、同会議のヒアリングで意見陳述した人物である。
大学開校前後の二〇〇三年と二〇〇四年だけで、会議に九十八件もの要望を出している。
経団連の教育問題委員会(委員名は非公表)に参加しているとも聞く。
また学校設置会社連盟の理事長でもある。なおこの連盟の顧問には内閣府のある高官がおさまっている。
                               (後略) 」

こうした政治的な動きは、極めて不快なものである。

実は、資格試験の会社など、公然と詐欺を行っているのである。
LEC社はこの若者に厳しい時代の恩恵を受け、若者の夢や希望を食い物にして生きているのに、
さらにそれがいかに儲かるかを熟知しているため、あろうことか拡大再生産しようとしているのである。

29 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 16:08:20 ID:9FkMQZdY
ボケ爺の世迷いごとだろ?藤原ってのは

30 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 17:30:49 ID:8Xhasxsk
>>20
日本の「数学者」とアメリカの「数学者」を単純に比較しても意味ないよ。
アメリカの自称「数学者」には,土木でシミュレーションやっている人とかもいるしね。
お金もそっちにほとんど流れている。
日本の数学者には奇妙な「美学」があってね,「紙と鉛筆で研究しない者は数学者にあらず。」みたいな。
実は90年代に多少はアメリカ流の「数学」を導入しようと試みて、数学→数理科学と看板(学部の名前)を変えたのだけれども肝心の人間の方が猛反対して頓挫したんだよね。
で金を出す側が業を煮やして予算を絞りだした...というのが現状だと思う。

#岩波「科学」にも「数学危機」が特集されていたような。

31 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 17:40:05 ID:8Xhasxsk
>>26
藤原センセはご立派な国立大学にいらっしゃっるからご存知ないだろうけど、
「設置審査」っていいかげんなのよ。
いま話題の団塊世代が18才くらいになったときに、雨後の筍のように大学が新設されたんだけどね、
そのころは「設置審査屋」なる業者がいて旧文部省の係官が検査にくるときだけ、設備を貸したりしてたわけ。
そのため、同じ住所に大学が何個も設置されたりしてたわけ。そこまでひどくなくても図書館の蔵書なんかは神田の古本屋街のレンタル屋から借りたりね、
教員も名義貸しがあったんだよ。
で、これらのインチキに目をつぶるバーター条件が天下り。団塊世代用の大学の学長や教授に元文部省官僚を起用されていたんだよ。

32 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/09(火) 22:41:11 ID:c04A7JEa
>>30
なるほど、確かに純粋数学は金が回ってこない感じがしますからね。

エルディシュなどは自分じゃ何も出来ない人でしたから、
ロン・グラハムがささえていましたね。
エルディシュみたいな人に飯を喰わせるのが大学という場だと思いたいです。

ただ、アメリカは金、金、金でどうも・・・・・
儲かる分野は、いづれにせよ金は回ってきますから。

数学者で政治的な動きができる人は、
別の世界でも十分生きていける気がします。

だから、理想論ですが、「紙と鉛筆」タイプを生き残らせてあげないと
いけないのではないですか?
でも、人間世界の出来事なのでそうはうまくいかないと思いますが。

それを考慮に入れておかねばならないのが、
文科省を始めとする行政側で、
彼らに、異能の人たちに対する畏敬の念がないような気がします。

基本的に文系なので、ええ加減なことをいってすみません。
大変、勉強になるお話を有難うございました。

33 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 22:57:27 ID:aflcsKJ4
>>32
「異能の人に対する畏敬の念がない」って、なかなか良い表現ですね。
もっともかと思います。
彼らに「畏敬の念がない」のは、「異能に対する劣等感しかない」からでしょう。というのも、彼らも決してバカではないから、自らが、永久に異能どころか有能ですら有り得ない「認識と記憶だけの無能」である事を、誰よりも自らが一番良く知っているからです。
そのため、異能に対する劣等感と嫉妬心は、異能を慕い畏敬する大衆への蔑みに転化する。
決して自らに敬意を払う事ない本質的には聡明な大衆の富を収奪し浪費する事。それが彼らの倒錯した快楽。

34 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 13:46:48 ID:7ztpWttQ
今日、ちょっとスパモニにでてたから見たんだけど、
正直、細木のババァと同じレベルだなぁ、だから売れるんだろうけど。
ちょっと、知性がある人間が聞いたら、噴出すような無知さかげんだよ、残念だけど。

35 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 13:48:27 ID:uX5Tzqmx
「二度と自民党に投票しないという改革運動」

誰が総理大臣をやっても、自民党は全員グルだね
もういい加減解かってきたよな
すべては自民党執行部と官僚が絵を描いている
総理大臣の嘘やはったりが効かなくなると
首をすり替えて役者交代
今まで官僚は影に隠れて、手を汚さず、利権を温存してきた
そして総理大臣を交代させるという子供騙しの手法で
自民党は党の責任を一切取らずにやってきた
ついにそのツケがまわってきたな

改革宣言【一般国民に大損をさせる、自民・官僚チームに引導を渡しましょう】

自民のヤラセ隊員はマニュアル通りこう言うだろう
「じゃーどこの党に入れるんだ?
自民党の他に頼れる党などあるもんか」ってな
勝手にホザイテロ
そんな憎まれ口を叩いても、二度と自民には入れてやらないよ
無党派が増えるだけで、自民は野党に転落するよ
今までの選挙で立証されてきたからね
そして時が解決するだろうよ
民主党がしっかりするか、それに変わる国民派の新しい党が主流になる
それが時代の流れになるよ
新興宗教の信者や、既得権益層の支持だけでは足りないんだろ?
小泉はB層吊り専門の総理だったからな
もうバレバレだね、ご愁傷様
覚悟するんだな


36 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 14:30:01 ID:PTf9b5GV
数学者なら、パソコン使えるよね。

37 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 20:00:38 ID:zp/CmAEo
>>32
もちろん基本的には大学は「金にならないこと」をやる機関であり、「無用の用」であるべきと思います。
ただ、数学やっている人たちの中にはいわばオナニーに明け暮れている連中もいるわけで、さじ加減が難しいと思いますね。

#純粋に数学の視点から見ても「応用数学的なもの」を大切にすることは数学の発展にも
#益すると思うのですが...なかなかそう思ってくれない人が多いようで。

38 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 19:02:41 ID:KdjLN5Nr
ただのハゲ

39 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/13(土) 23:05:53 ID:iQDZvXmB
>>31
面白いお話ですね。
現在のように社会が成熟し、メディアが発達した世の中では、
めちゃやばい綱渡りですね。勉強になります。

>>33
ありがとうございます。
知性があるということと知識が豊富だということは
必ずしもイコールではありませんからね。おっしゃるとおりだと想います。
後半部分は、よく分からないですが。


40 :crio ◆yUPNqG..6A :2007/01/13(土) 23:06:30 ID:iQDZvXmB
>>37
どういう風にご返答するか、ここのところ考えていました。

確かに、界面上のものが発展し、新しい分野を生み出し、
それが学問を、また、延長線上である日常にも役立ちますよね。

物理的な手法で持って、生物分野に進出してきたことにより、
生物の研究分野が発展してきたここ数年を思い起こします。

おっしゃるとおりだと思います。
さじ加減が難しいのは、いづれの分野も同じでしょうね。

真贋を見極めていくのは、細分化しすぎているために現実的には困難で、
確かに、数学の境界線上にあるようなものを
研究する分野を発達させていくことにより、
それが純粋に数学にも跳ね返って、相乗効果をもたらしそうな気がします。

レビィ・ストロースが、構造主義を哲学にもたらしたように。


忙しく、返答が遅れてすいません。


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)