2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

本間税調会長を辞任させたのは税金泥棒財務省の仕業

1 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 02:18:20 ID:upgPkVBg
増税して利権を維持拡大したい財務省は、本間税調会長のスキャンダルをリークして辞任に追い込んだ。
資格もないのに公務員官舎に住むのも問題だが、そもそも豪華官舎を建てる税金泥棒が問題であり、
無駄遣いをなくして歳入と歳出のバランスをとりうまく運用していくはずの財務省が税金泥棒だから
必死に増税キャンペーンを行い、ついには裏工作まで行って増税に結び付けようと躍起になっている。
財務省は最悪の税金泥棒だ。

これを許しているのが泥棒自民。

政権交代してクソ官僚政治をやめさせよう!

2 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 01:20:29 ID:lzfu91X1


3 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 02:12:42 ID:flsO5Zzy
本間は自業自得だが、しかし官僚はやり方が汚い。財務省だけでなく
敵の弱味を政治利用するのは官僚機構全体の常套手段になっている。

例えば最近のパロマ問題の件は経済産業省が故意に公表した節がある。
発覚後パロマは生産削減を決定した。だが事前に経済産業省は非公式に
「勧告操短」を命じる権限がある。おそらくパロマはこれに従わなかった
んだろうと思う。それでスキャンダルを暴露され生産削減を強いられた。

どうせこんな図式だろう。また大企業が役所の天下りに応じなかったり、
企業買収の命令に応じなかったりすると官僚は企業をすぐに脅迫すると、
政治学者のチャルマーズ・ジョンソンは通産省に関する本に書いていた。
有名な例として当時の企業局長の佐橋滋が絡んだ住金事件がある。他にも

田原総一朗の『電通』も一例を挙げている。戦時中に某商工官僚が掴んだ
メディア界の機密情報を友人の吉田秀雄に渡して、吉田はこれを利用して
電通に有利な統廃合劇を演じて電通支配の基礎を築いた。こんなことは
日常茶飯事に違いない。ウォルフレンなどは某官僚の話として課長補佐
クラスの役人が情報収集担当を務め、普段は秘密にしておき必要に応じて
スキャンダルを利用するそうだ。メディアは盲目だからリークに隠された

意図を追及もしないし官僚の手口を批判もしない。あるいはそれを批判
するのは記者クラブの協定に反する行為なのかもしれない。いずれにしろ、
全く日本のメディアは使えない。リーク後は一斉に操作される他ないから。

4 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 04:56:58 ID:FaHzwiRp
>>3
的確な意見だと思う。
田原の話しが出て来たから付け加えるが、官僚型組織(つまり電通も含む)は、自らを批判する者を、敵に回すのではなく、取り込んでしまう術にも長けているね。
田原は、もはや電通のお先棒担ぎ以外の何者でもないだろう。
日本の大メディアが、官僚組織と不即不離の状態にある事が、いくら経済規模が巨大化しようとも、財政が破綻に瀕し、国民生活も大して向上しない事の要因になっている。
この桎梏が打破されない限り、日本はこのまま規模の経済だけが突出した、気持ちの悪い国として存続していくのだろう。

5 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 05:05:56 ID:flsO5Zzy
>>3 訂正 企業買収→企業合併

6 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 05:15:38 ID:FaHzwiRp
日本のこの居心地の悪さは真っ当な神経を持っていれば、当の官僚どもも感じざるを得ないと思うのだが、これを打破出来ないのは、官僚どもが
真っ当な神経を持っていないか
前例踏襲しか能のない高偏差値特有低能集団か
どちらかなのだろう。
いや、どちらかではなく、
どちらも、の可能性が高いかw

7 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 05:58:29 ID:vnbEwc+U
政治屋官僚の復活か?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)