2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌

1 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 05:45:59 ID:ft68JL31
日本の諸葛孔明

2 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 05:47:03 ID:ft68JL31
構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌 竹中平蔵 著

序章 改革の日々が始まった

第1章 小泉内閣という“奇跡”
 1 しがらみを持たないリーダーの登場
 2 小泉内閣発進す

第2章 金融改革の真実――“不良債権”という重荷
 1 「当局の壁」の中へ
 2 金融再生プログラムをめぐる攻防(1)
 3 金融再生プログラムをめぐる攻防(2)
 4 金融危機対応会議に至る道
 5 りそな銀行――公的資金注入  他

第3章 郵政民営化の真実――改革本丸の攻防
 1 民営化基本方針の決定
 2 法案提出へ
 3 国会論戦へ
 4 否決・総選挙そして勝利
 5 民営化本番へ

第4章 経済財政諮問会議の真実――政策プロセスはどう変わったか
 1 「骨太方針」という新手法
 2 変化した予算プロセス
 3 司令塔としての諮問会議――3つの挑戦
 4 5年目の諮問会議

終章 日本経済2つの道


3 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 06:18:10 ID:ijb8fhH6
   ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/:::    :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽミ   .ll ハム太郎がこのスレに
    /: /て^ヽ :::::::::::   _ :::ヽ  ,.ノ            興味を持ったようです
    /  |o ゝ,_ノ|  ::::::   /^'ヽヽ ::l'^~     
  ‐+-,,,, ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o|  l.      
   l  ~      ・    ヽ.,,_( )ノ  l     
   '''l^~     (__人__ノ    -‐‐‐‐-l-    
    ヽ、            ~^'‐..,,_/  彡   
    /^'‐-...,,,_______________,,,,,,,.--‐'''^l彡彡彡  
    l;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l彡彡彡  
     l^'‐-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::--‐'^l        
    .l   (:::::}    {:::::)     l
     l    ~~      ~~     ,l>
    /^‐-,,___,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.-‐ヽ
    ~‐‐'~            ^'‐‐~


4 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 20:52:31 ID:RPL1Y9qV
2005年の総選挙では、負け組みであるはずの多くの一般国民が、米国流の格差社会を
作り上げようとする小泉・竹中自民党を支持した。小泉の巧みな「巧言令色」の前に多
くの国民が、自分も勝ち組に入れると錯覚したのだろう。
小泉は、かつて
「六本木ヒルズや新丸ビルを見てください。みんな大盛況でしょう。どこが不況なん
ですか。経済は言われているほど悪くはないんです」
とうそぶいたが、小さな政府や市場原理主義を拡大して行けば、僅か数パーセントの
勝ち組であるケダモノのような人間たちが、大多数の負け組である温厚な一般国民を
支配し、さらに負け組が負け続ける社会が形成されるだろう。
日本国民は決して無知・無能ではない。
市場原理主義の誤りに多くの国民が気づき、来たるべき次の選挙で、この格差社会を
作った者を政権から引きずり降ろし、この国のあるべき姿を一刻も早く取り戻すこと
を期待する。



5 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 21:31:02 ID:Wu+SsHYb
2001年6月26日に閣議決定された「今後の経済財政運営及び経済社会の構造
改革に関する基本方針」(いわゆる骨太の方針)より】今、日本の潜在力の発揮を妨げ
る規制・慣行や制度を根本から改革するとともに、司法制度改革を実現し、明確な
ルールと自己責任原則を確立し、同時に自らの潜在力を高める新しい仕組みが求めら
れている。




よくぞ言ったものである。「自己責任原則」が銀行に適用されなかったことを、銀行
に対する公的資金注入を声高に唱えた経済戦略会議で委員を務めた竹中平蔵氏と奥田
碩氏(両氏はこの文章を作成した経済財政諮問会議の議員である)はどう説明
するのだろうか。一言で言えば、この人たちが言う「自己責任」は都合のいい時だけ
使われるということなのである。


6 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 05:59:52 ID:UktjbE6j
>>5
>
> 銀行に対する公的資金注入を声高に唱えた経済戦略会議で委員を務めた竹中平蔵氏と奥田碩氏はどう説明するのだろうか。


「りそな」に対する公的資金注入なら、108P.にその間の攻防経緯が書いてある
あくまでもシステムリスクの回避であって、次元が異なる
これ以降、株価が上昇トレンドに反転したのは、歴史的事実

7 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 20:28:38 ID:zrhv6F5Q
日本政府は新生銀行の再生として、巨額な利益をあげても税を払わない投機会社の
ために、旧長銀の債務超過の穴埋めに3兆6000億円の公的資金を注ぎこんでき
た。また債権や株式など資産買いとりで3兆9000億円を投入し、これも返ってく
るかわからない。さらに瑕疵(かし)担保条項といわれる、貸出債権が不良化すれば
政府が帳簿価格で買いもどすという、とんでもない契約をしており、2003年2月
の期限切れまでに、新生銀行の債権8800億円を買いとっている。

 リップルウッドが買いとった新生銀行は、「そごう」の債権放棄拒否をはじめ徹底
的に貸しはがしをして、取引先6000社を半減させた。米投資会社は国内産業の育
成などという姿勢はなく、もっぱらもうけの手段にしてきた。貸出額は3年半で約7
兆円から3兆4000億円にまで激減した。貸出などの非効率なことはやめて、有価
証券売買やローン証券化などといった、投資銀行的な経営に切りかえていった。その
ほか旧山一証券、旧日債銀などが乗っとられたほか、りそな銀行などいくつかが米投
資会社に狙われている。東京証券取引所の全銘柄のうち、外資が2割を所有してお
り、優良企業のなかでも完全に乗っとられたところもある。



8 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 23:30:37 ID:1aCcwINj
郵政民営化を強行した報酬がもうすぐアメリカから貰える。
待ち遠しいなぁ。

9 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 23:45:10 ID:55p3vSA8
主な御用評論家・御用学者・御用作家などのリスト
(御用評論家の本家である三ピン一スケは除く)

@田原総一朗 (昔は政権与党に鋭く切り込み、自民党が野党に転落するキッカケを作った功労者だが、その後転向して自他ともに認める小泉親衛隊となった。)
A三宅久之 (老害の見本のような男。 あるべき姿や理想を語るのではなく、与党のそばにいて仕入れた裏話や打算的な話で議論にケリを付けようとする老獪な狐。 )
B猪瀬直樹 (表は改革派を装いながら、裏では権力に擦り寄る姿を櫻井よしこに暴かれ、人間性が問われている男。 皆で団体行動が必要な時、一人だけ抜け駆けする奴がよくいるが、まさにそのタイプの一匹狼。)
C辛坊治郎 (いつの間にか出てきた御用キャスター。 一応形だけ政権与党を批判するが、最後は必ず民主党を罵倒して終わるのがパターン。東大に入れなかったことが歪んだ性格の基となっている模様。)
D松原聡 (竹中の露払い的存在だったが、竹中がさっさと逃亡して取り残された形。 政権与党よりも民主党に厳しい物言いを行ない、各種の政府審議会入りを狙っている。)
E宮崎哲弥 (弱い相手や野党にだけは威勢のいいことを言う臆病者。 御用評論家たちのケツモチを努めている。)



10 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 21:05:02 ID:EKrjxOfZ
米国政府が日本の郵政民営化を強烈に後押しして尻を叩いているのは、米国金融資本
に金儲けの場を提供してやるために他ならない。
リップルウッド社は例の瑕疵担保特約条項付きの長期信用銀行買収によって六千億円
の日本のマネーを濡れ手に粟で手に入れた。同じ事を俺にもやらせろと米資が米政府
を突き上げているのであり、米政府が小泉と竹中を突き上げているのである。

持ち株会社の株式売却が決まれば郵貯と簡保を買収するのは米資である。三五○兆円の
ビッグマネーが一瞬にして手に入る。どんな運用も可能であり、ゼロ金利でも預金者は文句
を言わない。証券を売りつけて損させても日本人なら自己責任で我慢してくれる。短期であ
ぶく銭を儲けて米国に帰ればいい。

小泉首相と竹中大臣の郵政民営化は、米資のメイクマネーへの貢献が目的であり、日本経済
を米国経済の一部にすることが命題なのだ。それが日本国民の幸福だと狂信できるところが
市場原理主義者(グローバルスタンダード主義者)の恐ろしさである。


11 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 21:45:17 ID:e8PBa0vQ
>>9
@〜Eともに、TVを取ったら、一般社会では生きて行けないタイプの奴ばっかりだな、オイ。
こんな奴らの言うことを、有り難がって真に受ける奴らって、どんなバカなんだ?、オイww

12 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 21:57:33 ID:oXoyBhwH
改革、改正ということばについて。
これらの言葉は、自然科学の世界において使うべきものである。
法律や政治の世界では、出来れば使用を避けるべき言葉だ。
これら法律や政治などの人間の手前勝手な世界で、
改革、改正とつかう時は、ある立場に立つ者にとってのものでしかない。
絶対的でない。

特に政治家で役者がこのような言葉を使うときに細心の注意と疑念を
持たないといけない。

法律や政治の世界では、単に「変更」と言うべきである。
法変更というように。
法律の履歴は、「H19.1.1変更」 というような記載にするべきである。


13 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 20:46:51 ID:KBll5+48
2005年総選挙の序盤、竹中平蔵が菅直人に向かって言ったのは「民主党は郵政民営化に賛成なんですか反対なんですか」
の一点張りであった。民営化すればどのように日本経済が景気回復するかの具体的な道筋は説明しようとしなかった。
民営化後の資金がどのように流れるかについては、一般国民が竹中平蔵からいちばん聞きたかった問題だったが、一言も
言わずに、民主党の曖昧さを衝くディベート戦術で終始した。

郵政民営化とは郵政公社を分割して、その株式を民間企業に売却することである。
350兆円の金融資産は政府ではなく誰かの手中に入る。兆単位の郵政公社株を買うカネを動かせるのは外資だけだ。
外資の受け皿会社はハゲタカの姿が前面に出ると国民感情を害するから、表面はあくまで日本企業の体裁を整えるに
違いない。
ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、メリルリンチ、リップルウッド、サーベラス、プルデンシャル、
HSBC、UBSウォーバーグ、これら国際金融メジャーの中の数社が東京三菱銀行やみずほHDや三井住友銀行や
野村証券や日本生命と提携して新規に受け皿会社を作るものと予想される。

問題はその受け皿会社が本当に資金を中小零細業者に貸付して、日本の地域経済の循環や企業雇用の促進に貢献するか
どうかだが、それも少し考えてみれば答えは簡単に出るはずである。ハゲタカ外資の連中が、そんなお人好しの事業経営
をやりますか。


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)